2007.07.15

2か月です

すっかり更新をさぼっていましたが、5月に無事赤ちゃんを出産しました。

妊娠初期に長期入院をしましたが、退院してからは、大事をとっていたせいもあってか、順調に日常生活を送ることができました。

出産は予定どおり帝王切開。

子宮筋腫の手術をしているので、手術跡が線路の様に2本になってしまっては・・・と心配しましたが、同じ場所を横切開したので大丈夫でした。

赤ちゃんの世話をしているうちに、あっという間に2か月という感じです。

最初はあまり母乳が出なく、不安なので毎回ミルクを足していました。

ベビースケールをレンタルして、毎回計っていましたが、退院直後は1回左右2往復で30~60グラム、

2週間たったとき、病院の助産師さんや、新生児訪問の助産師さんに相談して、量は少なくても毎回母乳だけでいくことにしました。

母乳だけにした当初は、起きている間だけで11回、夜中はすぐグズグス言うので5時間くらい、飲んでは少し寝て泣き、また飲ます、だらだら飲みで、一日中おっぱいか、おむつ替えで追われるという感じでしたが、今生後2ヶ月になって、大体授乳は3時間おき、夜中も、飲んだらコテンとすぐ寝て3時間くらいはぐっすり、となりました。

ようやくブログを書き込む余裕ができたかな、という感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007.02.24

女の子!!

この間の健診で、赤ちゃんの性別が判明しました。

6ヶ月の時からエコーの度に、性別分かりますか?と聞いていたのですが、位置が悪かったり、姿勢が悪かったりして空振りが続いていました。

3度目の正直で、やっと、「ほとんど女の子」という回答を貰いました。

私も画面で確認して、ほぼ女の子と確信。

夫は分かってからしばらく、「女の子かあ」「女の子かあ」といっていたので、「男の子が良かったの?」と聞くと、男兄弟で、いとこも男の子が多かったので、女の子がよく分からない、と戸惑っている様子。

実は女の子だったら付けたいと思っていた名前があったので、最近は、赤ちゃんにその名前で呼びかけています。

夫も、その名前に賛同。結構気に入っていてくれています。

ただし、夫と私では漢字で意見が対立。

これからじっくり、心理戦が続きます。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007.02.06

胎動が力強くなってきました

七ヶ月目に入りました。

あんなに待ち遠しかった胎動も、今では当たり前のようになり、仕事をしているときでも、寝ているときでも、気がつくと、赤ちゃんが動いています。

最初のころは、ちょこちょこと動いていたのですが、最近はどんどこという感じ。

だいぶ力強くなってきました。

おなかを触ると、パンチかキックか、胎動のたびに手のひらに圧力を感じます。

寝る前のひととき、赤ちゃんを感じる楽しい時間です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.04

食材宅配がたまる

食材配達を続けていますが、仕事で遅くなったときに、外食ですませたり、帰って簡単な食事ですませたり、ということが週に2回もあると、食材がたまってしまいます。

2週続けてたまった分を週末に解消する、ということをしてきましたが、もともと野菜が少ないというマイナス面もありましたし、体調が安定してきてスーパーに買い物に行けそうな感じになってきたので、とりあえず、来週分までで一旦休止することにしました。

退院して、復職という体調の心配な時期に、買い物と献立作りの心配なく過ごせたのは大変ありがたかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.21

食材配達

退院してしばらく実家にいましたが、正月明けて自宅に戻り、仕事も再開しました。

2週間が過ぎました。

なるべく午後1回は休憩して横になろうと思うのですが、なかなか上手くいきません。

昼間仕事をする分、夜の家事をいつもと同じようにしていてはいけないと思い、初めて食材配達に挑戦しました。

食育を歌う某社のものを一週間試してみましたが、何だか、野菜が少ない感じです。

普段、野菜は淡色、緑黄色を取り混ぜて摂るよう意識しているのですが、それに比べていかにも少ない。

メニューを考えたり、買い物に行く手間が省ける利点はあるのですが、続けるか迷っています。

取り敢えず、今週一週間分は注文していますが・・・。

来週分をどうするか、注文の期限があるので早く決めなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.03

退院、そして20週

この間病院から携帯で記事を送ってから大分立ちます。

なかなか退院できずにいましたが、ようやく12月半に退院できました。

ほぼ3か月の入院。病棟でも古株となっていました。

次は出産までは入院しなくて済むよう、日常生活の過ごし方を考えていかなければなりません。

新年とともに20週になりました。

この5日ほどで胎動がはっきりと感じられるようになってきました。

あと4ヶ月と少しの妊娠生活。

3か月入院していたことを考えれば、あっという間に過ぎてしまいそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.11

ままならぬ

入院して丸7週間、まだ病院です。

入院以来安静を言い渡され、入浴も禁止されていましたが、一昨日、ようやくシャワーの許可が出ました。

どれだけ待ち望んだことか・・・。
というのも、シャワーが退院への第一歩。
シャワー、外出、外泊と安静度を下げて行き、再び出血等が起こらず、安定すれば退院、という予定になっているのです。
診察の度に先生にまだダメ言われ、がっかりを繰り返して来ましたが、やっと、先生から許可が出た!
のでしたが、午前中にシャワーを浴びたら、夕方久々に鮮やかな赤の出血が・・・。

再び安静度アップ。シャワー禁止に逆戻りとなってしまいました。

何がいけなかったのだろう。姿勢?疲労?偶然のタイミング?
原因をあれこれ考えますが、不明です。

幸いその後は出血もおさまっているので、大事に至らずほっとしていますが、今後の日常生活復帰に向けて、不安も残ります。

エコーに写った赤ちゃんは元気。
私や先生の心配を余所に、腕や脚をパタパタと動かしていました。
今頭からお尻まで6センチ。随分大きくなりました。
愛しいなあ。

絶対に、生まれて来たこの子に会いたい。

退院が遠のいたことで、少し凹み、半日ほどベッドの上で静かにグレていましたが、私の今一番の努めは、
―この子を臨月まで無事お腹の中で育てること―

そう再認識して、再び安静に努める日々です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.06

カレーライス

このところ、病院から携帯で投稿しています。画面で確認できないので、上手く送れているか心配です。

さて、入院生活も間もなく2週間。
病院の健康的な食事にも飽きて来ました。
昨日突然、ジャンクなものが食べたい!と思い付いたら、頭をはなれなくなってしまいました。
こってりしたパスタとか、BLTサンドとか。

そうしたら、今日のお昼はカレーライスとのこと。
朝献立表で見つけました。
病院なので私の好きな激辛は期待出来ませんが、うれしい。

先の見えない入院生活なので、そんなことにもささやかな幸せを見つけて喜んでいます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.10.02

入院中です

妊娠判定から2週間少しの間、順調に推移、エコーで胎嚢も見え、幸せな気持ちに浸っていたのも束の間、一週間前、外出先で突然出血してしまいました。
動転して病院に行くと、やっぱり切迫流産。
そのまま入院を言い渡されました。
トイレ、洗面以外は安静。
10月いっぱいは入院になりそうとのこと。
妊娠ホルモンの数値が低いことと、子宮内に血腫があることから、流産防止のために投薬と安静が必要だということです。こんな中でもうれしいのは、エコーで心拍がみられるようになったこと。ぷるぷる動いていて、「僕(私?)頑張ってるよ」って言ってくれている見たいです。
頑張れ!赤ちゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.12

おすすめマタニティ本

というわけで、マタニティブックなぞを買い込んでいる私ですが、一番のお気に入りは、

はじめての妊娠・出産安心マタニティブック―お腹の赤ちゃんの成長が毎日わかる!

という一冊です。

2週0日(受精)から42週0日(予定日の2週間後)までの毎日の赤ちゃんの様子、母親の状況、栄養の知識などが、日記形式で綴られています。

例えば、

4週5日「これからの30日間が、心臓形成の重要な時期になります。」

5週6日「赤ちゃんはいま、アルファベットの『C』のような形です。」

私は、まだ妊娠を血液検査で分かっただけで、体感できない状況ですが、おなかの中で、かちゃんがどうなっているのか、想像してみると、楽しくなります。

毎日、日付を書き込んで、日記&メモ覧に自分なりのコメントを書き込めば、マタニティ気管の記録になります。

B5版ハードカバーのずっしりした本です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)