« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006.07.27

日本館の竹が~一宮七夕祭り

一宮に用事があったついでに、七夕祭りを見てきました。

夕方早い時間でしたが、会場の商店街は、浴衣を着た中学生、高校生が一杯。

夏祭り気分を盛り上げていました。

七夕飾りの中に こんなものが。

長久手日本館の竹を使ったものだとか。

日本館の竹が

こちらは市内の小学校が出している七夕飾り。

願い事がいろいろと書いてあって、学校毎にデザインも工夫されて入れて微笑ましかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.09

オアシスで七夕飾り

オアシスで七夕飾り

栄オアシスに一宮や仙台などの七夕飾りが展示されていました。一宮の七夕も小学校のとき以来行ってないなあ。
今年は7月27日から30日までとのこと。
久しぶり行って見ようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マチをレジバッグ型にしたトートバッグ

レジバッグの利点は、使わない時はペッタンコなのに、中に荷物を入れると中身の厚さに応じて膨らむ・・・・ところ。

そこで、レジバッグ型エコバッグのマチの部分を応用してトートバッグを作って見ました。

マチをレジバッグ型にしたトートバッグ

要するに、本体の布を中表にして底を縫う時に、マチの部分を内側に折って縫う、ということ。

8 

横から見たところ。

何も入れていない時です。

中に物を入れるとこのように膨らみます。

お役に立ったときは、ぽちっと押してね。

人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.06

直裁ちエコバッグの作り方

昨日もエコバッグ作成。

慣れてきたので、裁断から巾着袋の完成まで、1時間半弱でできるようになりました。

そこで、今日は作り方を公開。

まず、完成サイズはこのとおり。スーパーで貰う標準的なレジバッグのサイズです。

Photo

型紙は作らず、直断ちします

周囲の縫い代1㎝が含まれています。

Photo_1

次に、バッグの上の空き部分を切り取ります。

Photo_2

切る位置を間違えると、変な形になってしまいます。

広げてこの形になれば成功です。

Photo_3

さあ、ミシンを出しましょう。

まず、空き口の部分をぐるりとバイアステープでくるみます。

紐を付けるときは、この時、一緒に縫いつけます。

次に布の周りをロックミシンしてほつれを止めておきます。

布を中表に折ります。

7

1 左右の「い」の部分(底から空き止まりまで)を縫います。

    縫い代は1センチくらい。

2 「い」の部分を割り、その延長で「あ」の部分(手の入る部分)を内側に折り、端から7㎜のあたりを縫い止めます。

3 左右とも「う」の部分で内側に折り、その状態で底を端から端まで、縫い代1センチで縫います。

4 表に返します。

5 底を折り返して縫った部分がマチになります。

6  その位置で上の持ち手のところまでアイロンでしっかり折り、持ち手の一番上の部分の折り返しになっているところを、開いて、めくれないように上と下の布をミシンで縫い止めます。

できあがり。

完成写真は、

↓こちら

http://longriver.cocolog-nifty.com/turezure/2006/08/post_4a41.html

お役に立ったときは、ぽちっと押してね。

人気ブログランキング

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006.07.02

エコバック〜余り布で巾着ブクロ

昨日はイングランド・ポルトガル戦を見ながら(聞きながら)エコバッグを2つ作成。

試作品第1・2号

が少し大きかったので、サイズを変更。

幅30センチ×高さ50センチ。

ほぼ、スーパーで貰うレジバッグと同じサイズです。

今回の工夫は、空き口をくりぬいた布で、エコバッグ携帯用の巾着袋を作ったこと。

結構調度良い大きさで、くりぬいた布をそのまま巾着袋にして見ました。

エコバック〜余り布で巾着ブクロ

巾着袋の紐も、余り布です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »