« 愛・地球博、瀬戸会場に初上陸 | トップページ | ブログのカスタマイズに挑戦 »

2005.05.19

夢見る山、アリーナ席に再チャレンジ

夢見る山「めざめの箱船」のプログラムが5月下旬から変わると聞いて、もう一度見ておこうと、17日に行ってまいりました。

以前見たのはスロープ席でしたが、どうも今ひとつでした。
「めざめの箱船」の実力は、アリーナ席でないとわからないのかも知れない・・・とも思ったので、もう一度、今度は「アリーナ席」で観覧するのが念願だったのです。

15時配布の整理券の列に10分前に並び、16時15分の回のアリーナ席の整理券を入手できました。

アリーナ席の配布方法が以前(4月中旬)と変わっていました。
以前は、最初にアリーナ席を配ってしまうと説明されていたのですが、今回は、原則としてスロープ席を配っていて、アリーナ席は申し出る仕組みになっていました。
また、初回の人は「全体の演出をお楽しみいただくために、スロープ席でのご観覧下さい」とアナウンスされていましたので、アリーナ席が後ろに並んでいても入手しやすくなったのかも知れません。

念願のアリーナ席。
ですが結論は・・・やっぱり今ひとつ。でした。
プログラムに深い意味があるのかも知れませんが、少なくとも平均的観客ではあると自負している私が、「なんじゃこりゃ」と思ってしまうのですから、一般大衆向けの企画としては「×」なのではないでしょうか。

問題点は2つ。

その1 フロアモニターと壁、天井というシアターの器を生かした映像プロクラムでとは、とても思えないこと。
・ 例えば、長久手日本館の球形映像。短いとか、酔うとかの批判はあるにしろ、球形シアターを生かした映像になっていることは否めないと思います。ネタバレになりますが・・・・空から海へ下っていくときに、雲が下から近づいてきて、その雲の中を通り抜け、雲が上に去っていくところの臨場感は凄かったと思います。これぞ、360度映像を生かし切ったものと言えるのでは?。
・ これに対して、めざめの箱船ではフロア、壁、天井が一体となって観客に訴えてくるところがありませんでした。

その2 観客の集中力が途中で途切れること。
・ フロアモニター、壁、天井の映像を追うのに忙しく、きょろきょろ見ることになりますが、同時に違う映像が映っていることは少なく、「あっ上は映ってない」とか、「同じだ」と思ってしまう度に素に戻ってしまい、映像に集中できませんでした。
・ また、最初全面を使って映像を映していたフロアモニターですが、途中、一つ一つのモニター毎に同じ映像が同じ方向に映るとき、アリーナ席の観客は、自分が営巣に正対して立とうとするなどして、世界が一つのモニターに縮小してしまいます。ここでも、集中力が途切れます。
・ 人形がいつ動き出すのかも気になって、ちょろちょろ見てしまいます。
上映中に観客が集中できなければ、楽しめません。

今後2回プログラムが変わるということですが、もう、最後まで完成しているのでしょうか。
これだけネット上でも不評が多いのですから、謙虚に、あのシアターを生かした映像づくりができているのか見直し、ブラッシュアップをして、より良いものを見せて欲しいと思います。

懲りずに、あと2つバージョンも見てみようと思っていますので・・・。

挽回しなければ、あれで良し、としているスポンサー、在名放送局のセンスも疑われると思います。

|

« 愛・地球博、瀬戸会場に初上陸 | トップページ | ブログのカスタマイズに挑戦 »

コメント

MarketWalkerさん
トラックバックありがとうございます!

目覚めの方舟って、原作・脚本があるんですか?知らなかったです。

私は、6/4の記事にも書きましたが、今上映中の「空ー百禽(ひゃくきん)」については、ちょっと評価が上がっています。

第1章で失望して期待が抜けた分、楽しめたのかも知れませんが・・・。第1章と第2章とでは器の利用法についての手法・アプローチが違っている、と感じました。

投稿: LONGRIVER | 2005.06.11 09:14

Basilさん こんにちわ。

コメントついているの見落としていて、お返事遅くなってしまい、すみません。

6/4の記事にも書きましたが、今やっている第2バージョンは、アリーナ席、結構迫力有りましたよ。

韓国館のアニメは、私も感動しました。言葉がなくても物凄く訴えかけてくるものがありましたよね。

映像系では、赤十字・赤新月館、クロアチア館も言葉がなくても見る者の中に感情がわき起こる系で良かったです。


投稿: LONGRIVER | 2005.06.11 09:04

こんにちは、yahooで愛知万博とモリゾーキッコロのblogやってます。めざめの方舟...やっぱり理解できません。LONGRIVERさんと同じ意見で脚本や原作の世界観をあの会場で表現するのは無理なんじゃないかと思います。ぜひぜひTBください。

投稿: Marketwalkers | 2005.06.11 03:22

初めまして。
めざめは私もスロープ席で見ましたが、途中で眠くなりました(爆)
アリーナの人を上から見下ろしながらあそこだと迫力なのかなって思ったのですが。。。
これまで万博は2回訪れましたが一番感動したのは韓国館の3D映画です、終わった後立ち上がって大拍手したい気持ちでした(^^ゞ

投稿: basil | 2005.05.28 22:53

expo maniaさん!コメントありがとうございます。

DVD買ってもう一度見たという人もいますね。
世界の押尾なので、わからないと自分の感覚が鈍いのかしらと思って、再度検証したくなってしまうんですよね。

だから、懲りずに2、3作目バーションも見たいと思っている・・・。

アリーナ席チャレンジして「目ウロコ」経験されたら、是非、「ここが良いんだ」というのを教えてくださいね。

投稿: LONGRIVER | 2005.05.20 09:35

うへへへ、結局ダメなんですねぇ、ここ(笑)
いや、意外と次のプログラムでどうにか・・・(んなこたぁないか)

アリーナなんとかチャレンジしてみます!!

投稿: expo_mania | 2005.05.20 08:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53971/4193961

この記事へのトラックバック一覧です: 夢見る山、アリーナ席に再チャレンジ:

» Open Your Mind [めざめの方舟] [マーケットWalKers [気まま探訪]]
愛地球博、企業パビリオン[めざめの方舟] 最も難解(?)といわれるパビリオン。 ジャパニメーションの巨匠、鬼才クリエーターなどと呼ばれる押井守の超映像空間シアター。 Marketwalkersの訪問日は、セカンドセクションの「空ー百禽(ひゃくきん)」の上演期間中で、場内床にはプラズマディスプレイが敷き詰められ、天井からは3つの顔をもつ精霊[汎(ぱん)]が降臨、巨大な鳥眼が瞬きながら睨みをかける。 自然に対する畏敬の念、五感を呼び覚ましDNAに刻まれた遠い記憶をめざめさせる。 ..... [続きを読む]

受信: 2005.06.11 03:22

« 愛・地球博、瀬戸会場に初上陸 | トップページ | ブログのカスタマイズに挑戦 »