« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004.11.26

生活ほっとモーニングの訂正放送ー最高裁判決を受けて

今日(11月26日)、NHK総合テレビの生活ほっとモーニング(生活情報番組)を見ていたら、突然、アナウンサーの口調が改まり、昨日の最高裁判決を受けて、問題となった放送についての訂正放送が始まりました。
                  
まず、判決の概要はこれです。

訂正放送命令を破棄=放送法規定で初判断、賠償は確定-NHK離婚番組訴訟
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041125-00000576-jij-soci

 「離婚した夫の一方的な言い分を放送され、名誉を傷つけられたとして、埼玉県の女性(58)がNHKを相手に、訂正放送と慰謝料などを求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第1小法廷(才口千晴裁判長)は25日、放送法の訂正放送規定について「被害者に裁判上の請求権を与えるものではない」との初判断を示し、2審判決のうち訂正放送を命じた部分を破棄した。130万円の賠償命令は2審通り確定した。
 上告審では、放送で権利侵害を受けた人が裁判で訂正放送を求められるかが争点となった。 」

最高裁のホームページにも速報が載っています。
  ↓
http://courtdomino.courts.go.jp/judge.nsf/dc6df38c7aabdcb149256a6a00167303/da595f68c821d59049256f57000d75ee?OpenDocument

訂正放送によると、問題の放送は生活ほっとモーニングで8年前に放送されたもの。「妻からの離縁状・突然の別れに戸惑う夫たち」というテーマで、妻から突然離婚を切り出されて戸惑っている夫の心情を取り上げたもの。夫側の言い分(妻が突然家を出て行き一方的に離婚を要求されて離婚を強いられた、今でも離婚の理由は全くわからない、というような内容)が妻側の取材なしに放送されたようです。

ところは実際は、すでにその7年前に妻が離婚を切り出したことがあり、その後も何回か離婚を求めたこともあった、夫は妻が離婚をしたい理由を知っていた、妻は調停を申し立てて家を出た等の事情があった、一年の調停の後離婚が成立した、離婚の原因はお互いの人生観の違いということでした。

この訂正放送を見て感じたことが2つあります。

1つ目は、放送内容自体について。

「妻からの突然の離婚請求」の件数が増え、社会現象とすら言えるようになったのが、平成8年頃だったと記憶しています。テーマとしては適時であり、情報価値もあったと思います。

ただ、残念だったのは、掘り下げが浅かったこと。
なぜ夫にとって「突然」と受け止められるのか、本当に妻側からの信号はなかったのか、離婚を進めるために突然家を出る等の行動に出ざるを得なかった事情はどのようなものか等を取材し、そのような離婚の背景を掘り下げ、妻と夫の結婚観の違いが大きくなってきている、妻が結婚の継続のために大切であると考えることが夫にはなかなか分からない現実があるというところまで踏み込んで欲しかったです。

そのような視点があれば、一方的な言い分を、真実であるかのように放送することも回避できたでしょう。

2つ目は、最高裁判決を待って訂正放送を行ったというNHKの姿勢について。
裁判には勝っても結局自主的に訂正放送をするのなら、争わず、早く訂正放送するのが被害者救済のためには望ましいし、双方の無駄も省けたのではないか、というのが、訂正放送が始まったときの感想でした。

ところが、放送法を見てみると、「自主的?」

妻は、放送法の条文を根拠に訂正放送を請求しています。
      ↓
「放送第4条1項 放送事業者が真実でない事項の放送をしたという理由によつて、その放送により権利の侵害を受けた本人又はその直接関係人から、放送のあつた日から3箇月以内に請求があつたときは、放送事業者は、遅滞なくその放送をした事項が真実でないかどうかを調査して、その真実でないことが判明したときは、判明した日から2日以内に、その放送をした放送設備と同等の放送投備により、相当の方法で、訂正又は取消しの放送をしなければならない。

最高裁は、この条文について、被害者が放送局に対して訂正放送しろと請求する権利を与えたものではない(即ち裁判でもって、放送局に訂正放送しろという命令の判決を貰うことはできない)が、(1)放送から3か月以内に被害者から請求があり、(2)放送内容が真実でないと判明したときは自律的に訂正放送を行うことを国民全体に対する公法上の義務があると判断しました。

要するに、被害者が裁判を利用して放送局に訂正放送をさせることはできないけれども、放送局は、(1)(2)に該当するときは訂正放送する公法上の義務がある、と言っているのです。
また、この法律の枠組みとして、義務違反に対しては、裁判所による放送の命令ではなく、罰則を予定しているということも言及しています。

最高裁が判決の中で生活ほっとモーニングの放送内容が真実ではなかったと認定しましたので、NHKにとって「放送内容が真実でないと判明した」にあたることになりました。
そこで、2日以内に訂正放送をしなければならなくなった・・・。

企業論理としては、事実誤認の報道を受けた被害者から、訂正放送を求める権利を行使されて、これに応ずる義務として訂正放送を行った、という前例を作りたくはなく、「請求権はない」という裁判所の判断を得た上で、自主的に訂正に応じた、という形を作ることによって、報道の自由を守りたかった、ということがあるかも知れません。
また、夫と妻とどちらの言い分が正しいか自社で判断することを避け、裁判所の事実認定に委ねたかったということがあったかも知れません。

ただ、なんかなあ。
天下のNHK。報道機関として、取材に基づき何を真実かと考え、報道するのが任務のはず。事実認定力は報道機関の生命線では?
裁判所の認定を待つなどせず、自社の調査で事実か否かを判断し、「真実でないと判明したので訂正放送します」ということはできなかったのでしょうか。
訂正放送は放送から8年後でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.20

秋~足下の紅葉

去年の今頃、屋久島に行きました。
縄文杉まで往復約6時間のトレッキング。
登山道の入り口からしばらくは、昔の森林鉄道の軌道跡を歩きます。
帰り道。
目標を達成して、黙々と下っていきます。周囲の景色も大きく変わらない中、ふと足下に目をやると、たくさんの落ち葉。
きれいだと思って一枚。
yaku1.jpg
しばらく歩いていると、足下の紅葉の色がさっきとちがう。
yaku2.jpg
高度によって、木の種類ががちがうのかも知れません。
あれから、一年。
本当にあの、大きな縄文杉を間近で見たのか・・・と少し遠い記憶になりかけていましたが、この写真を見て、6時間、自然の中でひたすら歩き、いろいろなことが頭に浮かんでは去り、知らないうちに自分と会話していた時間を、思い出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.17

バスタオル、収納の工夫

夏に行ったタイのリゾートホテルのバスルーム。
ストックのバスタオルが、筒状に丸めて積んでありました。

bathtowl.jpg

これを、我が家のバスタオルの収納に応用して見ました。

うちでは、バスタオルを洗面所にある棚の一番上の段にストックしています。
以前は、ごく普通に、畳んで積んでいました。

bathtowl1.jpg

一番上の段なので、上の部分に隙間があっても、普通に床に立ったままでは奥まで押し込めない。いちいち椅子を台にして入れるのは面倒でした。
また、きっちり詰まっていると、上の方のタオルを取り出すとき下のものも一緒に出てしまうのも不便でした。
更に、棚の横幅が余っていて、そのスペースが如何にも無駄。でも、ここにタオルを入れると、出すときに横のタオルも崩れるので不便でした。

そこで、バスタオルを筒状に丸めて積んでみると、

bathtowl2.jpg

同じ枚数のタオルが、こんなにコンパクトに収まってしまいました。上に余裕があります。まだまだ入ります。
また、タオルがしっかりするので、上まで詰まっていても、出し入れが簡単です。

これは結構いいアイデアでした。
(うちのバスタオルが多すぎるのではありますが。)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

100円ネットでネクタイかけ作りました

ネクタイのストックには、長年結構悩まされてきました。
市販のネクタイかけや、箪笥の扉についているネクタイかけなども試してみましたが、ぶらぶらしてかけにくかったり、するすると落ちてしまったり・・・。
いつも、下にネクタイが散乱していました。

ネクタイは毎日使うものですので、ネクタイのストックに必須の条件は、
1 出しやすく、
2 また、帰ったときにしまうのが面倒でなく
3 更に、つるつるとすべって落ちてたりしないこと・・・

そこで、100円ネットと部品で、クローゼットの扉の裏にネクタイストックを作ってみました。

全体像です。

tie1.jpg

扉の裏にネットを設置し、このようなフック(これも100円)を好みの配置でセットします。

tie3.jpg

このフックは、
1 ある程度幅がある
2 フックの底辺が平ら
3 フックの底辺の奥行きがネクタイの幅(細い部分のあたり)と大体同じ
4 フックの高さがある程度ある
ものを探しました。

ネクタイがかかっているところはこんな感じ。

tie4.jpg

夫はネクタイ持ち(・・・と言うか、古いネクタイを捨てない、引退させない)なので、フックを5つ、「W」型に配置しました。

tie2.jpg

肝心の収納力は・・・。
左のフックから順番に
 15本+9本+10本+8本+9本
の合計51本がかかっています。
また、「超整理法」の押し出しファイル式(昔、流行った整理法です)のように、あまり使わないネクタイが必然的に下になるという、おまけの効果もあります。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.11.16

100円ニセグリーンで鉢植えもどき

我が家の窓辺のグリーンたち。

madogreen1.jpg

と言っても、本物ではありません。
ダイソーで豊富に売っている、ニセグリーンを使って作った鉢植えもどきです。

前は、2つばかり、本物の鉢植えを置いていましたが、夏、水をやり忘れてしまって枯らしてしまったので、ニセグリーンを使って作ってみました。

1つあたり5本(3~4本の枝が束になって1本になっている)程度を鉢カバー(ダイソーで買いました。)に放り込んでいます。
ものによっては、フラワーアレンジメントで使う緑色のスポンジ(これもダイソーにありました。)に刺してバランスをとっています。上の写真の手前の背の高いものがそうです。

遠目には本物っぽく見えます。

拡大してみると、こんな風。

madogreen2.jpg

結構評判は良いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.12

名古屋空港のきしめん屋さん

名古屋空港の国内線の二階に、よく利用するおいしいきしめん屋さんがあります。
「めん処かすがい」というお店です。

私が、国内線をよく利用するようになったのが、10年前。その頃から、空港で食事時になったり、時間調整が必要なときには、よく利用しています。
というか、美味しいので、わざわざここで食べる時間を見越して空港に行っています。

「おろし」系のきしめんをよく食べます。
「おろし」とは、「コロ」と言うこともありますが、冷たい麺にめんつゆをかけ、トッピングがかかっているものです。
名古屋ではよく見かけるのですが、他の地方ではどうなんでしょう。

どのような料理かというと、大根おろし、鰹節の他に、「えびおろし(えひコロ)」なら海老天、「山菜おろし(山菜コロ)」なら山菜がのっているものです。ウズラの生卵がのっていることもあります。
この食べ方は、きしめんが一番美味しいと思うのですが、そば、うどんでもあります。
「かすがい」では、きしめんかそばかが選べます。

「かすがい」のきしめんは、きしめんの中でもかなり幅が広い方です。
出てくるのが早い。これは空港という立地では必須でしょう。
予め茹でてあるのか?それにしては、のびていない。いつも謎です。

おみやげ用の生きしめんも売っています。
昨日、妹を迎えに空港へ行ったので、自分用にきしめんを買いに寄りました。
その時、店員さんに、いつも気になっていることを聞きました。

来年、中部国際空港(セントレア)が開港すると、国内線も名古屋空港からセントレアへ移る予定です。
国内線ターミナルのお店もなくなってしまうでしょう。
そうしたら、「かすがい」のきしめんは食べられなくなってしまうのか?

店員さんによると、名古屋空港以外にお店はないとのこと。
生きしめんを売っているところもない。
セントレア開港後どこかに店を出す予定も聞いていないとのこと。
みなさん、残念がっていただいているのですが・・・とのこと。

本当、残念です。

セントレアは来年2月17日開港です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.11

知事シュワちゃんの吹き替え

昨日、シュワちゃんが、筑紫哲也のニュース23に出たんですね。
朝のワイドショーで見ました。

知事シュワちゃんとしての登場でしたが、日本語訳の声が、ニュース番組っぽくない。
いつも映画でシュワちゃんの吹き替えをやっている人っぽかったです。

歩き方も、とても堂々としていて、声と合わせて、実在の人物というよりは、ターミネーター、プレデターっぽく感じてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.10

今月の玄関(2)

クリスマスも近づいたので、玄関の模様替えをしました。
基本的には去年(ある時の玄関(1)の記事に写真があります)と変わっていませが、その後入手したものも併せて飾ったらこんな感じ。
いろいろ飾ろうとするとかえってごちゃごちゃするのが難しいですね。

これが今年。
gen30.jpg

拡大したところ。
gen30.jpg

gen30.jpg

去年のがこれ。今見ると少し寂しい。
xmaslastyear.JPG

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「○○さん」と「××様」~その1 ○○さん

最近、会社やお店のことを「○○さん」を付けて話しているのを耳にすることがあります。
ここ3~4年のことでしょうか。

よくあるのが、店員や会社員が会話の中で他店・他社に言及するとき。ー類型1
例えば、「当店は、地下鉄○×線△△駅北、家電の○○さんの西隣です。」「当店の隣の駐車場は××さんの駐車場ですので、停めないで下さい。」などです。

ライバル店、ライバル会社に言及するときもあります。ー類型2
例えば、「今日、現金でのご購入であれば、×○さんの198000円を、ポイント15パーセント付けて195000円までできます。」「はっきり言って、△△さんは安いですが、売ればそれまでって感じで、その点うちは2年後まで無料で点検整備しますよ。」など。チラシの中にもあったりします。

個人としての立場での会話で、「○○さん」を付ける人もいます。ー類型3
私は仕事柄、サラ金から借金をしている人と接することがあったのですが、そういった人々が借入先を説明するのにいちいち「武富士さん」「アイフルさん」「アコムさん」「レイクさん」と「さん」付けで言うのです。いわゆる「090金融」のことまで、「リターンさん」「レインボーさん」(筆者注・いずれも実在のものではありません。090金融にありがちなイメージの名前を書きながらでっちあげているだけです。)などと「さん」付けで言うのです。

この様々な「○○さん」を聞いてまず最初に感じるのは「違和感」です。

生まれてこの方、会社、店には敬称を付けないのが一般的な世界に生きてきましたが、気がつくと良く目に耳にするようになっていました。耳慣れないという意味での「違和感」というのが、まずあります。

でも、それだけではないひっかかりを感じています。

ライバルに「さん」を付ける類型2ーの場合は、他店に対して言及している内容、「うちの方が良い」又は「他店は良くない」というものなので、そのバランス上「さん」を付け始めたのかな、とも思います。
本来敬称である「さん」を使っていながら、背後に慇懃無礼さを感じるので「ひっかかり」を感じるように思っています。

借入相手に「さん」を付ける類型3ーは、相手に対して弱い立場にあると思ってしまっている人間が、その力関係が、第三者に対して話をするときにも現れてしまっている場面と言えます。(むしろ「090」なんて、滅茶苦茶な取立ての果てに元本の何倍ものお金をすでに払っいるので、「反対に返せ」と強く言える立場であるのに弱い立場であると認識してしまっているように思えますが、それはまた、別の話・・・)
本来、店、会社に対しては、「さん」を付けなくても、決して失礼ではないはずが、「さん」を付けなけれはけならないような心理状況にされている、そして、「さん」を付ける事によって、ますます、弱い立場のような気がして、卑屈になってしまう感じがするので、「ひっかかり」を感じてしまうように思います。

こういった「さん」の蔓延によって、「なんとなく『さん』を付けなければ失礼かもしれない」という気分ができつつあるのではないか・・・それで、近所の店、会社に言及するときに「さん」を付ける類型3ーというのが出てきているのではないかと感じます。

個人としての立場で、いくらなんでも「マクドナルドさんで昼を食べた」「ユニクロさんでバーゲンしていた」「近鉄さんの特急で30分」と言う人は少ない(まだ出現していない)と思いのですが、その日も近いのか、と思ってしまいます。

結局、「○○さん」はその言葉が本来意味するとおりに相手を大切に扱っているわけではない・・・。
そこに「違和感」「いやらしさ」「落ち着かなさ」を感じています。

これは、巷に蔓延する「××様」にも共通して感じています。

そこで、「その2」は、「××様」について述べてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.09

佳境~新撰組

昨日ビデオに撮っておいた大河ドラマの「新撰組」を見ました。
視聴率的には、今一と聞いていますが、私的には、毎週楽しみに見ています。

近藤勇の香取慎吾も貫禄出てきましたし、何よりも私が注目しているのは、新撰組の隊員一人一人(若い俳優が多い)です。
今は、クライマックスに向けて、毎週、主要な登場人物が死んでいきます。
ここまで半年以上に渡り大事にキャラクターが育てられてきましたので、一人一人の死が切なく迫ってくると同時に、「でも、ここで生き延びても、明治維新を生き残ることはできなかったのだろうな」(実際は生き延びた人もいるのですが・・・)と思ったりしています。

その昔、若い頃の役所行司(織田信長、「徳川家康」)、渡辺謙(伊達政宗、「独眼竜政宗」)など、若い俳優が強烈な印象を残した大河ドラマがありましたが、「新撰組」も、
  山本耕史(土方歳三)、堺 雅人(山南敬助)、山口智充(永倉新八)、、
  オダギリジョー(斎藤 一)、中村勘太郎(藤堂平助)、山本太郎(原田左之助)、
  吹石一恵(八木ひで)
など、却って現代劇よりも時代劇の方が輝いているのでは?と思うほどです。

ベテラン組も、よくぞこの人をこの役に・・・というのが、
 佐藤浩市(芹沢 鴨)、鈴木京香(お梅)、江口洋介(坂本龍馬)、小林 隆(井上源三郎)、
 石黒 賢(桂小五郎)、筒井道隆(松平容保(かたもり)、会津藩主)、宇梶剛士(西郷隆盛)、

主役意外にもこんなに楽しみがある「新撰組」は、大河久々のヒット、と思うのですが・・・。
昔ながらの新撰組ファン(おじさま方)には評判悪いのでしょうか。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.08

北海道展で買ったとうもろこしの粉(フリーズドライ)【11/9訂正】

名古屋のデパートは3M(松坂屋、名古屋三越、丸栄)+JR高島屋+名鉄。
秋になって、この4つのデパートで「北海道物産展」が順繰りに開催されています。
北海道物産展、ていうと、つい行ってしまいます。魅力的です。

名古屋三越の北海道展で見つけた傑作が、

「とうもろこしの粉(フリーズドライ)」1000円

加熱したとうもろこしを乾燥させた粉、というかフレークで、水や牛乳に溶かしせばコーンの裏ごしのようになります。
最近は、朝、これでコーンスープを作るのにはまっています。
これまではクリームコーン缶で作っていましたが、このフレークは、無添加、だそうで、こちらの方が体にも良さそう。+楽。
塩を少し入れるだけで、十分おいしくできます。コンソメ不要。

同じような「かぼちゃの粉」(1000円)「ジャガイモの粉」(500円)もありました。
こちらも、同様、「使え」ます。

買うとき、1000円は、少し高いかと思いましたが、結構使いでがあります。高くはないと思いました。

少なくなってきたな、と思った頃、松坂屋で北海道展があり、探したら、別メーカーのですが、同じようなものがありました。
これは、便利、と買いだめです。

今、開催されている丸栄と名鉄は覗いてませんが、多分、同じようなものは売っているのでは?

この秋の「お気に入り」食品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »